スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

経営と生産性向上

経営と生産性向上

コラム 金森啓次

技術格差の解消と生産性向上

スチコンや真空調理をマスターすることで、技術格差を解消し、新人でも熟練者と同等レベル の調理が可能になる。

又、体系化により生産工程に無駄が無くなり、生産性向上に繋がる。特に閑散期に繁忙期の仕込みが出来る真空調理・真空包装保存が作業の平準化が図れる。

経営とリーダーシップ

厨房を経営する私共企業は、食中毒、人手不足、食材コスト管理、労働時間、早出出勤、食材ロス 人件費、味のバラツキ、等など課題がたくさんあります。

それぞれの規模(食数)、営業形態を加味し メニューに対して、最も適した調理法を上手に使い分けることで合理化への道が開けると思う。

又、計画的生産を活用し、通常調理したものを急速冷却し、真空包装(保存)することでピーク時の提供時間も短縮でき、客回転率を高めることも可能になります。

調理をマニュアル化することにより、業務をパートさんに任せることも可能になります。 真空パックするのもパートさんで可能になり、調理人はより調理することに専念出来る。