スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

ラーニングファシリテーション

ラーニングファシリテーション



スチコン塾 大関ゆみのです。

いろいろな出来事を通じて、「場の大切さ」を考えるようになりました。

孤独だなと思いながらも、誰もが人と関わって生きています。

人との出会いや、つながりで、「場」に集うことになります。

ビジネスであれば、「場」があって、


その「場」を意識して、大切にすること


自分の知識や技術が最も活かされる。


そう理解することの重要性をあらためて感じています。




ファシリテーターとか、ファシリテーションとか

最近よく聞きます。

グーグルで検索するとウィキペディアの記事が出てきます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ファシリテーション


会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、

話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする

行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、

組織や参加者の活性化、協働を促進させるリーダーの持つ能力の1つ。


課題を達成しようとするグループに対して公平な立場にたち、

話し合いのグループ・プロセス(グループの状況)に介入して

ファシリテーションを行う者のことを、

近年、ファシリテーター(Facilitator)と呼ぶ場合が出てきた。

ーウィキペディアより引用


これを読むと、とても大変な役割で、知識とか技術とか

いろいろなノウハウが必要な気がしますが、

あたらしいモノゴトを生み出す会議などで

誰かがラーニングファシリーテーターになって

その場に参加している人の貴重なアイデアを引き出したり

チームの問題点を引き出せるとよいようです。


多くの組織でかかえている問題に中に

人間関係がうまくいかないことがあります。

「やりすぎてしまう。」ということ。

これをリーダーが気をつけて行くとうまくモノゴトが進むようになります。


自分がリーダーなんだと思った途端に、何かをやらないといけないと思う。

それで、やりすぎる。


気持ちはわかりますが。

行動するのはスタッフ(相手)


チームやグループであれば、その場全体の最適化を目指す。


それがファシリテーションであり、ファシリテーターの役割。


コーチや先生とも役割が似ていると思います。

私が考えるコーチや先生は、

相手の可能性を相手以上に確信している人。

揺るぎない確信が相手の力を引き出し、マインドのブロックを外す。

相手のここまでいけると思っていることを相手以上に信じて、

もっと先を目指せるように、話を聞いて、質問していくことで思い込みをはずしていきます。



リーダーは相手の可能性を相手以上に確信している人


つまり優秀なコーチや先生になるには、


とても強い精神力が必要に成る。




なんもしてくれないと文句を言われるかもしれない


助けてくれない、ひどい人だと思われるかもしれない。


それでも、ただ相手の可能性を信じて見守る。




よかったら、いま、あなたの周りにいる人を思い浮かべてください。

なんもしないで見守ってくれている人がいませんか?

あなたが行動できるように、ただ信じてくれている人がいませんか?

きっといるはず。


スチコン=スチームコンべクションオーブン、急速冷却機器

急速凍結や真空包装機、スマホやパソコンなどの進化した道具は

たくさんの人に働く機会を生み出します。

さらに、

食ビジネスの仕事が最適に変わっていきます。



新調理なび。スチコン塾

    コメント


    認証コード0479

    コメントは管理者の承認後に表示されます。