スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

スチコンと調理の方法

スチコンと調理の方法



スチコン塾 大関ゆみのです。

先日、世界で活躍している日本人の女性の記事を偶然に読むことになりました。

そこには、こんなことが書かれていました。


「ロジックではなくて感覚値でモノをつくれるのは日本人だからこそ

世界でもユニークで価値あること」


だからお金にすることがむずかしいと説明されていました。

うまく言葉にできないのですが、とても素晴らしい視点だなと思いました。

感覚値=あいまいでも動ける感じかな。


先日、司厨士協会の新年会で、いろいろな料理長さんとお話しできました。

その時に感じたのが、ロジックよりも感性

料理とは感性でつくっていくものなんだなということでした。

それは守っていかないといけない文化と理解しています。

それは、芸術に近いものだと考えています。


8年くらい前に、子どもの小学校のPTA役員をやっていました。

外資系コンサルティング会社でトップコンサルタントだった方から

いろいろと学ぶ機会がありました。

モノゴトを捉える視点と解釈についてです。


MBAで学ぶ内容を子ども向けに説明する講座をやってくれていました。

その時に思ったこと。

料理は芸術。

調理はデザイン。


スチコン塾がずっとやっていくことは「調理」です。

料理をつくる方法はいろいろとありますが

できるだけ誰がやっても同じようにできるような標準化の方法で

調理プロセスを考えていくことを主軸にしています。

ビジネスをすることが大前提だからです。


関わる人が稼ぎ続けるために、「調理」こそ大切です。

次回のスチコン塾では、鶏の唐揚げを作ります。

視点としては、こういう想定しています。

[check]下処理に真空調理を取り入れて、パート・アルバイトさんでも失敗しない方法。

真空調理とスチコン調理を活用して2種類の方法で実演を行います。


スチコン塾で提供している内容は、感性でなくロジック。

ご自分で現場に持ち帰って、ご自分の感性を付加していただけたら

より良い商品ができると考えています。

料理をつくるプロセスをロジックで考えたい方は

ぜひスチコン塾をご活用ください。


4月からスタートと6月スタートで1社限定でモニターに参加できます。

こちらをご覧ください。

スチコン塾コンサルティングモニター
https://shinchori-navi.net/index.php?consulting%204


1回だけお試しもどうぞ。
2月28日 東京でスチコン塾開催します。
👉http://seminar-8.strikingly.com


3月5日 福岡でスチコン塾を開催します。
👉http://suchiconjuku-fukuoka.strikingly.com


仕事をやっていられる間は、全力で取り組みます!

たくさんの皆様とお会いできるといいなあと思います。


スチコン塾

コメント


認証コード8201

コメントは管理者の承認後に表示されます。