スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

スチコン使い方講座 スチコン塾残席2席

スチコン使い方講座 スチコン塾残席2席



19年研究をつづけているハイブリット人財教育。

調理工程最適化コンサルティング スチコン塾 大関ゆみのです。

マネジメントできるスチコン調理や、真空調理へレシピ展開します。


スチコン=スチームコンベクションオーブンでマネジメント。

スチコン塾という会社で、スチコン調理を研究してきました。

一言で、マネジメントです。


このマネジメントの視点を考えて、料理をつくることは

これから生き残るために必要なことと考えています。


簡単にいうと、自分の技術や知識をどんな風にビジネスにしていくか。


人はかならず食事をします。

高齢化が進み、高齢者が食事を作れなくなっても食事をします。

作る人が減っても、食事は必要ということです。


だから、私たちは、なんとしても料理をつくり続けないといけない。

そうなると機械をうまく使う方法しかありません。

あなたは自分のもっている技術をどんな風につかいますか?


自分の優位性をいかすために、コンテストへ出て勝負しますか?

一人の人を喜ばせるために料理をつくりますか?

たくさんの人に喜んでもらうために料理をつくりますか?

どんな未来を見ていてもよいと思います。


もしも、あなたがたくさんの人の役に立つために

自分自身の技術を活用して、料理を生み出し

いろいろな人に感謝されることを夢に見るならば

スチコン=スチームコンベクションオーブンを使いこなし

急速冷却や急速凍結を学び、真空包装も活用し

調理工程を最適化してマネジメントできる視点をもつとよいかと思います。


スチコン塾では、特定の技術者の再現性に頼らない

調理工程の最適化をはかる生産管理の方法をコンサルティングしております。

まちがってほしくないのは

技術者が必要ないのではありません。


少ない技術者でも、レシピ管理と生産管理をすることで

調理工程の中に、いろいろな人財を組み込んだり、

提供に時間がかからない仕組みをつくりこんだりして

特定の人がいないとできないチームではなく、

同じ労働時間で休みもとり、品質は変わらない仕組みを構築することです。


従来の料理をつくる感覚値を数値化します。

残すこと。変えること。明確にしましょう。

どうやったら「動く」ようになるかは、何度もテストした有効な手段があるので

5年後、10年後の経営をみすえて、標準化を行いたい方は

早めに取り組まれることをおすすめいたします。


まずは、どんな考え方ですすめていくか学ぶ講座がございます。

年内最終のご案内です。

12月5日スチコン塾
https://www.shinchori-navi.net/index.php?learning

お気楽にご相談くださいませ。


乳和食 豚の角煮

乳和食スチコンレシピ「豚の角煮」

コメント


認証コード4210

コメントは管理者の承認後に表示されます。