スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

ご飯のストックとスチコン調理

ご飯のストックとスチコン調理



スチコン塾 大関ゆみのです。

スチコン=スチームコンベクションオーブンの活用

クックチルを活用していると「温め直す」

イメージがあるかと思われます。

料理をしない経営者の方だと、よくある比較対象が

電子レンジだったりします。


本日は、ランチ前に炊きたてのご飯を1人分とり

急速凍結機でショックフリーズにしました。

そして、ランチの間、保温されていたご飯と

凍結したご飯をスチコンで温めたものを比較して試食しました。


スチコンで温めたご飯が美味しいという評価でした。

今まで、温め直す機器として使っていたのが電子レンジ

時間やコストなど考えずに、ただ美味しいかどうかの評価であれば

スチコン=スチームコンベクションオーブンが良いです。


居酒屋さんなどで、ランチタイムはご飯の定食を出していて

夜は、ご飯はほとんど出ない場合にはストックしているお店もあるかと思います。

そういう場合は、炊きたてを個別ポーションに分けて

急速凍結をしてストックして、

スチコンで温め直すと美味しいです。

凍結したご飯を温める時間も、電子レンジに比べて

スチコンの方が早いです。


ご飯だけでなく、冷凍パンも焼きたてパンになります。

スチコン活用のポイントは色々とあります。

作り置きした食品の提供、ぜひやって見てください。



次回のスチコン塾は、4月16日ー17日です。

ご案内はこちらhttp://shinchori-navi.net/seminar/

スチコン調理の基本から、クックチル、クックフリーズ、

真空調理、冷却調理など安全に前倒しする計画生産の方法を学び

1日目の夜は、40席の調理場を一人で回す居酒屋で懇親会を行います。


人手不足や技術者不足でお困りの経営者の方

現場のマニュアル化、数値化をしたい

調理工程を標準化して特定のスタッフに頼らない経営をしたい

スタッフが入ると教えることに時間を取られる

スタッフが辞めると一からやり直さないといけない

そういう悩みはカイゼンできます。



オンライン通話でのコンサルティングも承ります。

お気楽にお問合せくださいませ。
https://shinchori-navi.net/index.php?go=ynMT46


お店の神様 タイ スチコン塾

毎朝、お店の神様に手を合わせています。

屋台に並んでいるきれいな生花をつかったお供えをしました。

いたるところで、手づくりのこのお供えを見かけます。

コメント


認証コード5946

コメントは管理者の承認後に表示されます。