スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

スチコン塾4月16日ー17日開講しました

スチコン塾4月16日ー17日開講しました



スチコン塾 大関ゆみのです。

4月16日ー17日スチコン塾東京で学びあいました!

毎回なぜか、共通点がある方や協力し合うと何か変化を

生み出せそうな人たちが集まってきます。


秋田県、茨城県、大阪府、京都府、新潟県、韓国から7名が参加されました。

いつも助けてくださり お手伝いいただいている皆様も

ありがとうございます!

ご縁を大切につくっていけたら幸いです。


いつも講座終了後に集合写真を撮影したいと思っているのですが

残念なことにすっかり忘れてしまいました^^;

だんだんと物忘れがひどくなっております。。。


お客様の感想をいただきました。
(公開許可をいただいた方のみご紹介させていただきます)


飲食店経営者 T.Yさん
ぼんやりした感じの知識がおおかったので情報が整理されました。おこわや炊き込み御飯、すでに商品化されているものもありますが新しいメニューも求められていたので提供方法ふくめ検討していきたいです。あとは実践することで解決していけるかなと思います。二日間ありがとうございました。


飲食店・介護施設経営者 H.Sさん
できあがった料理を冷凍し、その後スチコンで調理した時の料理の変化を知ることができた。弁当注文時などの大量に調理をつくる際にとても役立つと思った。レシピつくりと自社で出せる料理の作成をやってみたい。スチームの使い方。換気の有無がモヤモヤする。ありがとうございました。


食品メーカー 品質管理・開発者 和戸洋介さん
スチームコンベクションの基礎知識の収集→理解できました。メリット、デメリットの認識→メリットはたくさん。デメリットはランニングコスト。スチームコンベクションを使用している得意先に向けての商品開発。スチコンの導入をすることに対してはモヤモヤしている。


病院調理師 リーダー Y.Yさん
凍結した天ぷらが最終加熱で十分おいしくなっていることが確認できた。加熱後の冷却でおいしさが保てるのであればいろいろな献立に応用できると思う。クックチル、クックフリーズの保管方法。最終加熱時の水分量の変化についてはモヤモヤする。大阪でもスチコン塾を開講してもらえたら関西より西の人も参加しやすいと思いました。


食品メーカー 料理長 N.Tさん
スチコンの進歩、性能がよくわかりました。急速凍結のアイテムを増やせるのか実践してみたい。野菜単体の調理方法についてモヤモヤする。

大関より
調理DVDで復習していただくこと、モヤモヤや疑問は自分で実践して解決するか、メール等で質問をしてください。
学びあいは続きます。。。

***
何かお手伝いできそうなことがございましたら

メールフォームでお気楽にお問い合わせください。

季節の変わり目ですのでくれぐれもご自愛くださいませ。


次回のスチコン塾東京は、9月19日ー20日。

しばらくの間、東京を離れて実践をしたいと思います。


スチコン塾集中講座東京2019年4月16日ー17日

コメント


認証コード4501

コメントは管理者の承認後に表示されます。