スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

スチコンを選ぶポイントの一つ

スチコンを選ぶポイントの一つ



スチコン塾 大関ゆみのです。

飲食店で実践をしています。

お客様といろいろなお話をさせていただく機会が

とても幸せな時間になっています。


初対面でも心がかよった話ができるときって

相手の方がリラックスしているときと思います。

お互いが緊張していたら会話ははずまないので

どんなときも余裕をもてるように心がけています!


さて、

スチコン=スチームコンベクションオーブンを使いこなすこと。

当たり前になってしまうと

特長は何か?ということを忘れてしまうときがあります。


本日は、ランチタイムに一つ「アハ体験」をしました。

あまり入らないメニューのオーダーがありました。

スチコンとは離れた場所で準備をしていたので

まず、最初にスチコンの予熱をかけました。


途中で、スタッフがスチコンOK!と声をかけてくれました。

すぐに、スチコンにいれられる状態でなかったので

少したってからスチコンのあるキッチンへ行くと

ドアがあけたまま放置されていました(^^;;

「ああ。。。せっかく予熱をかけていたのにがっかり」

私がシェアしていなかったと気づきました。


共有できていなかった情報

[check]連続運転ができることを知らなかった。

[check]連続運転をどんな風に使うのか知らなかった。

スタッフ全員に情報を共有することはむずかしいですね!

たくさんの人といっしょに仕事をするようになって

簡単と思うことが実はわりとむずかしかったり

むずかしいと思っていたことが簡単であったり

状況が変わりました。


けれども、

おかげさまで気づくことが増えました。

本日の気づき。

「スチコンは連続運転できる機器を選びましょう!」


どこのスチコンが良いかというご質問をいただきます。

ご予算もあるかと思われますのでメーカーで選ぶというよりも

[check]どんなことができるのか

[check]できないことは何か

いろいろなスチコンを実際にさわって見て比較できたらよいですね!


スチコンを選ぶときのポイントの一つ。

連続運転ができること。

それも、ボタンを押して、モードを切り替えることが

できるスチコンがよいと思います。


次回のスチコン塾は、9月19日ー20日です。

残席は4席です。気になる方はお早めにご決断ください!

*ご案内&お申し込みページ
http://shinchori-navi.net/seminar/


スチコン スチコン塾

コメント


認証コード3044

コメントは管理者の承認後に表示されます。